小人閑居

世の中に貢献もせず害もなさず、常に出力50%。

個人的なアクションを

f:id:einohire:20210724210225j:plain

6月、わたしの職場でワクチンの先行接種を行っていた。その際、もし当日のキャンセルが出たら、ワクチンを無駄にしないために職員の同居家族を登録してほしい、とのお願いがあった。「婚姻関係」という法的関係になくともよいのか上司に確認すると、「同居」しているのであればよい、とのこと。

その際に上司から「キャンセルはいつあるかわからないし、その日の12時半にキャンセルが分かるから、13時までに連絡します。ワクチンの保管期限もあるので、その日の15:30までに来てもらわないといけないから、がっちり仕事をしている人は無理かもね」とも言われた。定職についてなくて昼間はぶらぶらと暇にしている人しか来れないよね、と。

そこでKを登録させてもらった。うん、問題はわたしのパートナーが定職についてないと思われることだな。定職についてますよ、わたしより稼いでますよ。ぶらぶら暇でもないですよ~。と、声を大にして言いたかったが、ふふ、とあいまいに笑いながら登録用紙を提出した。

その時は、残念ながらキャンセルが出なくてKはワクチンが打てなかった。

そして、今回。職員の同居家族に再度ワクチン接種が可能となった。

そのことをアナウンスする際に上司が

「同居家族にワクチン打てるようになりました。結婚してても、してなくても、パートナーでも、L…なんだっけ??忘れちゃった、ごめん、でも、いいから、ガンガン登録して」

と。ああ、LGBTQって言いたかったんだろうな~。

 

別にカミングアウトしたわけでもなんでもない。ただ、わたしの大切な同居しているパートナーを登録し、たまたまKの名前が女性であるとわかる名前だっただけだ。そのことについて上司からわたしに直接何らかの働きかけはなかった。でも、わたしのアクションを見て、とりあえず組織としてある方向性の動きを作ってくれた。

ずいぶん前に、カミングアウトは秘密の共有をする人が増えるだけだから、わたしはカミングアウトはしない、と書いた。その代わり、Openly gayであろうとしている。つまり、日常的に自分のパートナーが同性であることを隠さないようにしている。会話の中で「彼女は」などの代名詞が出ることで周囲にはなんとなくわかるだろうし。それに周囲がなんらかのアクションを起こせばそれはそれ、なければそれはそれ。性善説を信じていこう。

さて、わたしは今後も、Openly gayであるというとても個人的なアクションを続けていこうと思う。それがなにかに多様性をもたらす影響を与えることができるのであれば、うれしい。そして、根本的に社会学者であるわたしは、わたしの行動でカオスやリミナリティーがもたらされれば、幸せ(結構迷惑かけるやつ)。

 

Kは別ルートでワクチンが打てました。

コロナ禍の中でも、自分らしく幸せであれますように。

 

 

じたばたと

いや、忙しい…。

PCはできるだけ軽くてかつ性能がいいものを選んだけど、外付けのセカンドモニターが重い。機材を全部カンケンバッグに詰め込んでコンパクトにまとめているものの、重い。それをしょって炎天下の線路沿いを歩く。

そんな風にして元気に生きてます。

歯科衛生士さんに「暑いですね、アイス食べます?」と聞かれて、「いや、アイスはあまり…あ、でも、お酒は飲みますよ」とか答えちゃうくらい元気。

新しいバッグ

f:id:einohire:20201229155119j:plain

10年近く使っていたKANKENバッグを買い替えることにした。まだまだ現役で行けると思うが、かなりよれよれになってしまっていて、スーツの時などに担いでいてもおかしくはないけれど、買い替えた。今後、PCを持ち歩く可能性があるのでLaptopバージョンがいいなと思い、KANKENアートを買った。…というか、KANKENアートの青の生地は小動物があちこちにいて可愛くて、物欲が刺激されたのだ。

バッグと一緒にインナーバッグも買った。買おうかどうしようかかなり迷ったのだが、レビューを見るとドイツ人3人が星5または4を付けていた。わたしはドイツ人の評価は信用する。ドイツ人が「まあまあいい」といったものは大抵非常に良い。

KANKENバッグは使いやすくていいのだけれど、中がコンパートメントに分かれていない(そこが使いやすさでもあるが)。そのため中でポーチやらなんやらがごっちゃごちゃになってしまう(のは、わたしが整理整頓できないからだろうけどさ)。バッグそのものが縦長の形だからUSBメモリとか小さいものが一番下に落ちてしまうので手を突っ込んで探すと、荷物をパンの種か!っていうくらいこねてしまう。こねればこねるほどよく混ざってしまって、絶対に見つけたいものが見つからない。こねくられた荷物はいい具合にまとまってしまって、その中にラップトップを入れようとすると、下半分を占領して入れることができない。結局、机とか椅子とかを見つけて、そこにバッグを置いて中身を解きほぐし平らにならして、必要なものは取り出し、ラップトップをしまう、という手間がかかっていた。

なんだかすごく使いにくいバッグみたいになってしまったが、使いやすいバッグである。ただ、欠点がいくつかあるというだけ。

このタテのスペースをうまく使うためによいインナーバッグはないか…と探していたのだが、純正のものがあったとはね。

KANKENバッグは年明けまで届かないと思っていたら意外に早く届いた。早速、インナーバッグをセットして、ポーチの中身を移す。扇子、ティッシュ、ナイロン袋、常備薬(葛根湯、熊胆円そのほか)、梅干タブレットスマホ用ケーブル、USBメモリ、よーじやのあぶらとり紙、予備マスク、ボールペン、替え芯、名刺、ワセリン、アルコール綿、眼鏡拭き…。インナーバッグの中に整理していく。いい感じ。

ラップトップのコンパートメントもしっかりと緩衝材が入っていて、少々お高いPCを入れても安心して移動できそう。

なにより植物の間を駆け回る小動物たちがかわいい。

気に入ったものが見つかった幸せを胸に、新年を迎えよう。

良いお年をお迎えください。

f:id:einohire:20201229160731j:plain



 

スマートウォッチ

f:id:einohire:20201207210238j:plain

スマートウォッチを使い始めた。

 

はじめは、一日の歩数だとか活動量だとかいろいろ記録に残るのを見て、なんでこんなちっこい機械に生活の管理をされねばならぬのだ、とイラっとした。「そろそろ動いた方がいいですよ」ってなんだよ、仕事してんだよ。病気でモニターにつながれて身体、排泄すらも他者に管理され社会化されてしまうという入院患者に対する人権侵害に似てると批判がましく思う。

でも、肉体労働といっても差し支えない仕事をしているので、仕事中にどんどん歩数が伸びていく。動線が悪い職場で階段を何度も往復するので階段の数もどんどん伸びていく。結構しっかり動いているなと、数字を見て思うようになってきた。そして、しばらく使ってから、無理のない範囲に目標を設定しなおしてみた。そうすると、「目標まであと200歩か、じゃあ、自転車置き場から家まで遠回りしよう」とスマートウォッチからのフィードバックに対してanti-ではなくpro-な態度を取るようになる。

適切な目標値を設定し、自分の行動を数値化することで、より良い行動を取ることに対して積極的になれる。なるほど、スマートウォッチはこういうものなのか、と感心した。データが蓄積していくことによってより統計的に精密な行動評価ができることが面白い。スマートウォッチからも、「目標達成! すごい!」とか「今日も頑張りましたね」とか褒められたりねぎらわれたりするとうれしい。リラクゼーションプログラムやストレスチェックなど、近頃はやりのマインドフルネスも経験できるのが愉快。

こうなってくるとスマートウォッチに愛情すら感じてしまって、クロックフェイスもインストール済みのものではなく、もうちょっと何とかしてあげたい、となる。素敵なものがたくさんある。で、季節に合わせて選んだりするんだけど、有料のクロックフェイスを買うほどスマートウォッチに入れ込んでいない自分に気が付いた。

 

カレーのバトン

どこかからかカレーの匂いがすると、ものすごくカレーを食べたくなる。帰り道、誰かの台所の窓から。町を歩いていてカレー屋さんから。給食のカレー、マンションの通路にこもるカレー。

そうしてカレーを作るわたし。

玉葱をみじん切りにしてガーリックと生姜とよく炒める。そこに真空調理をして冷凍ストックしてあった牛筋を入れる。トマトケチャップ、ナツメグベイリーフ、ワインは飲んじゃうから料理用酒。それからカレールー。黒胡椒。昼過ぎに作って夜までなじませておく。家じゅうでカレーの匂いがして食べたくなる誘惑と戦い続ける午後。

夕方、Kが帰ると連絡をしてきた。

そこで、夕飯前にもう一品。アンチョビをオイルごと鍋に入れてガーリックと生姜も入れて炒める。海老を入れて全体が焦げ付くくらいまで炒める。1㎝角に切ったじゃが芋、玉葱を入れてさらに炒めて、タマリンドが入ったインドのカレーペースト、コリアンダーシード、クミン、黒胡椒。食べる直前に1㎝角に切ったコルジェットを加えてさらに炒める。

牛筋カレーにも再度火を入れていく。

立ち上るカレーの匂いを換気扇が吸い込み外に吐き出す。

Kが帰ってきて、廊下一杯にカレーのいい匂いがしていたと笑う。きっと明日は誰かがまたカレーを作るはず。

そうやって、誰かがカレーを作って、そのカレーのバトンを受け取ってわたしがカレーを作って、また誰かがそのバトンを受け取ってカレーを作る。

カレーを作る楽しさは、そんな風につながっていく妄想にある…と思う。

アフリカの枕

f:id:einohire:20200825121623j:plain

かなり前にオークションで見てひとめぼれした木の枕を買った。アフリカ中部のもの…らしい。シンプルかつ実用的で使い込まれている。たくさんの夜を支えてきた木の枕。一つの丸太から切り出されてる造形が気に入っている。

それはかつてのオーナーもそうだったらしく、非常に大切にされてきたんだろうなあ、と考えていた。なぜなら、びっくりするほどたっぷりとビーワックスが塗られていたから。木製の骨董にはニスは塗らない。ビーワックスをしみこませて艶を保つ。ビーワックスを薄く何度も重ねて磨き上げていくとふるい木にしか出せない独特の艶が出る。歳月を経て磨かれほっそりとやせている木の肌が好きだ。

とか何とか言いながら、しばらく放ったらかしにしていた。

そしてある朝、Kが言った。

「アフリカだかどっかの枕、腐海を生んでるよ」

たっぷり塗られたビーワックスにカビが生えてました。

何事もほどほどがよし。